アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「防災」のブログ記事

みんなの「防災」ブログ

タイトル 日 時
<原子力発電の本>日本に原発が必要かどうか、これで考えてみましょう。
<原子力発電の本>日本に原発が必要かどうか、これで考えてみましょう。 2006年、すでに国会で予言した議員(=著者)がいます。日本のどこかにマグニチュード9クラスの地震が起こったら、原発の安全性は崩れ去り、放射性物質が国内どころか世界じゅうに撒き散らされてしまう、と。ところが東電や原子力の専門家はそんなことは起こりえない、原発は安全であると答えました。 著者の主張は現実になってしまいました。チェルノブイリと同等の事故なら、半径30キロ範囲は人のすめない土地になってしまうかも知れません。再びこのような事故を起こさないために、私達は何をしなければならないのでしょうか... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/04/13 21:41
<原子力発電の本>原子力発電て何がいけないの?というあなたにおすすめの本
<原子力発電の本>原子力発電て何がいけないの?というあなたにおすすめの本 今世間でもちきりなのが「原子力発電」。世界中の電気を効率よく作るのに欠かせないという人と、命の危険を考えたらそんなものいらないという人と。福島の原発事故は想定外の地震と津波があったからで、今後あんな地震は多分生きてる間は起こらないだろうから、他の原発は安全性を確かめた上で推進すればいいんじゃない?いや、想定外だろうがなんだろうが地震の国日本にいつ爆発するか分からないアブナイモノが数十基もあるのがおかしい。100人いれば100の意見が出そうな原発のありかたを、まずはこの本読んで考えてみましょう。難... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/04/02 14:08
<実用本>備えあれば憂いなし。災害に備えて読んでおく本
<実用本>備えあれば憂いなし。災害に備えて読んでおく本 思うに、この2〜3年、いろんなところで地震、津波、大雨、洪水が襲ってきてますよね。ほんとに2012年に世界は終わるって信じてる人はそんなにいないと思うけど、もしも明日、あなたが思わぬ災害に遭う可能性は、ないとはいえません。イザという時にこれだけは、という本。眠れなくなるなんて心配は要りません。読み終えて安心できれば安眠できるよね。ニュージーランドだって天国じゃない。あっと言う間に地獄絵図に変わってしまった映像を見ていると、明日はわが身かも、、、と不安に陥ってしまう私。とりあえず読みましょう。 ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/02/22 22:07

トップへ | みんなの「防災」ブログ



売り切れ寸前。原子力発電のことを知りたいあなたのための本。


おすすめの旅行の本。




大人が楽しめる作家のコーナー










リラックスタイムに おすすめの本 紹介 防災のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる