リラックスタイムに おすすめの本 紹介

アクセスカウンタ

zoom RSS <自伝>あの、クリント・イーストウッド自らの作品を語る

<<   作成日時 : 2009/01/12 16:00   >>

トラックバック 2 / コメント 0

ハリウッド映画の巨匠、、なのに、ぜんぜんそんな気負いや尊大さとは程遠い、「紳士」でナイーヴな彼。あの年齢にして、なお、男の色香を失わない映画俳優としての才能や資質も兼ね備えています。彼の映画はいったいどこまでいくんでしょう。若い監督たちに引けをとらない斬新な映画をこれからも作り続けてほしい。イーストウッド大ファンの私がイチオシの書です。

孤高の騎士クリント・イーストウッド (映画作家が自身を語る) (映画作家が自身を語る)
フィルムアート社
マイケル・ヘンリー・ウィルソン

ユーザレビュー:
信念と、本能で生きる ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『グラン・トリノ』、仁王立ちするイーストウッド
これが俳優クリント・イーストウッドの見納めなのかと思うと、つい『グランド・トリノ』という作品を感傷的に見てしまいそうになります。 たとえばポーチで椅子に腰掛け、ビールを飲みながらあたりに目を配るウォルト(クリント・イーストウッド)に西部劇のシェリフのの姿を重ね合わせて、そういえばクリント・イーストウッドはセルジオ・レオーネ監督のマカロニ・ウェスタンで映画俳優としてのキャリアを始めたんだった、なんて感慨に耽りながら記憶を辿ってみたくなるんですね。 でも必要以上に感傷にひたれば作品を見誤っ... ...続きを見る
weekly? ぱんだnoきぐるみ
2009/05/09 07:50
孤高の騎士クリント・イーストウッド (映画作家が自身を語る) (映画作家が自身を語る)
孤高の騎士クリント・イーストウッド (映画作家が自身を語る) (映画作家が自身を語る) ...続きを見る
忍者大好きいななさむ書房
2009/05/09 23:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
<自伝>あの、クリント・イーストウッド自らの作品を語る リラックスタイムに おすすめの本 紹介/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる