リラックスタイムに おすすめの本 紹介

アクセスカウンタ

zoom RSS <文学賞>直樹賞受賞・天童荒太=今年一番人々に感銘を与えた本

<<   作成日時 : 2009/01/20 09:30   >>

トラックバック 0 / コメント 0

最近の○○賞って、なんか話題を集めるような作品ばっかりで、本気でじっくり読める、心を打つ作品が少なくなってきたな、、などと思ってましたが、この方の作品はどなたにも納得できる、本当に賞を受けるにふさわしい本です。


人はどう死ぬか、ではなく、どう生きるか、どう生きたかが本質だ、、と今朝のNHKニユースでコメントしてらっしゃいました。世界中に起こっているあらゆる悲しみ、苦しみに満ちた「死」に、作者がどう思いをはせ、見つめ、心を寄せたかが書かれていると。


彼は決してあきらめたり、悲しみに屈したりはしない。亡くなった人への哀悼の意のかわりに、彼自身がその世界に身を置く。そして彼らが「そこにいた」ことを残された私たちの心に確かに、永遠に刻みつけるために、彼は書く。


どうぞ、彼独特の「生命への慈しみ」のメッセージをこの本で受け取ってください。

悼む人
文藝春秋
天童 荒太

ユーザレビュー:
不在の存在昨年11月 ...
天童さんあなたは本当 ...
どう、受け止めて、生 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



家族狩り オリジナル版
新潮社
天童 荒太

ユーザレビュー:
素晴らしく重い家族愛 ...
現代社会を描いている ...
読んでみよう冒頭から ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
<文学賞>直樹賞受賞・天童荒太=今年一番人々に感銘を与えた本 リラックスタイムに おすすめの本 紹介/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる