リラックスタイムに おすすめの本 紹介

アクセスカウンタ

zoom RSS <推理小説>ガリレオって探偵だったの?というあなた東野圭吾さんを読みましょう。

<<   作成日時 : 2008/09/15 10:49   >>

トラックバック 0 / コメント 0


探偵ガリレオ (文春文庫)
文藝春秋
東野 圭吾

ユーザレビュー:
イメージが出来ていま ...
さくさく読めて面白い ...
面白い探偵ガリレオと ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ




容疑者Xの献身 (文春文庫 ひ 13-7)
文藝春秋
東野 圭吾

ユーザレビュー:
謎に近づくにつれ高ま ...
参考にしますいくつか ...
これこそミステリー日 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



今超人気の彼の名前と、探偵の「ガリレオ」をご存知ない方がまだ、いらっしゃるでしょうか。
最新作が次々とヒットし、本屋さんでは何十種も並んでいて、どれから読んでいいのか迷うほど。
とり合えず、一番人気をあげてみました。下のは最新で、「直木賞」を受賞した作品です。今読んでいる途中ですが、常識を覆す展開です。読み始めからすでに犯人と共犯者が分かってしまっているという、、、。
すでに刑事がその犯人を突き止めかけているのになお、面白くてやめられない、、、
「容疑者Xの献身」は10月公開の映画になってました。主人公はもちろん、TVで活躍した福山雅治さん。でも私的には、主役より、脇役に関心が、、、。(北村一輝さん。彼を見るために、この原作本を買ってしまいました。)


先日映画も見ました。サスペンスというより、人間ドラマですね。特に堤真一さんの演技に圧倒されました。


作家の東野さんは理系の大学を出て、エンジニアですが、揺れ動く人間の心の襞や独特のキャラクターを文字で描くことができる「文系」人間だという気がします。ストーリーは緻密に作られていながら、理性や知性だけでは割り切れない人と人との交わりをこんなに優しく、熱く語ることができる現代の巨匠。(になりうる器?)


まだ、お若いので、きっとこれ以上の大作をモノにされると思います。


直木賞も素晴らしい賞ですが、これに甘んじず、よりよい作品を書いていただきたい。期待しています。


眠れなくなる本をおすすめします。




ガリレオ DVD-BOX
アミューズソフトエンタテインメント

ユーザレビュー:
文科省のテコいれでも ...
香取くんのシャワーシ ...
もっと科学を真面目に ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
<推理小説>ガリレオって探偵だったの?というあなた東野圭吾さんを読みましょう。 リラックスタイムに おすすめの本 紹介/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる